運転をするとすぐに疲れてしまう、肩や首が凝る、腰が痛くなるといった時には、正しい運転姿勢が取れていない可能性が高いといえます。
どうしてもシートの調節をする時は、楽な姿勢になることばかりを考えてしまいがちですが、それが正しい姿勢とは限りません。もちろん、楽な姿勢もリラックスした運転には重要ですが、その姿勢で無理なく運転に必要な全てのアクションが取れることが最も大切なのです。
では、どのように調節して行けば正しい姿勢になるのかというと、要になるのがシートの調節です。まず深く腰掛けた状態でブレーキペダルを強く踏み込み、膝が伸びきらない位置に調節します。こうすることで万一、急ブレーキを踏むような時でも、膝にくる衝撃を緩和することが出来ます。
次に背もたれの角度の調節です。背もたれはつい倒してしまいがちな部分ですが、肘を軽く曲げた状態で肩を浮かせずにハンドルを持てる程度がちょうどいいポジションです。ハンドルに近すぎても遠すぎても運転時の負担が大きくなるのでしっかり調節しましょう。
最後に高さの調節です。視野が広い方が運転をしやすいので快適な高さになるように調節しましょう。ただし、この時メーターが見えなくなるほど高くしないように注意が必要です。
このようにシートを調節していけば、自然と運転をする姿勢も正しくなり、運転時の疲労の軽減につながるはずです。