シートベルトをしているからと言って死亡事故を100パーセント防げるというものではありませんがしていなければ死亡する確率が高くなります。
車が衝突事故を起こすとその反動でドアが開いてしまうこともあります。
ロックをしていた場合でも関係ありません。その時にベルトをしていなければ一緒に投げ出しされてしまう可能性もあるのです。
道路に投げだされると着地した時の衝撃でケガをしてしまいます。しかしそれだけで済めばまだいいほうです。


酷い場合には他の車に轢かれることもあります。交通量の多い道路の場合にはこのような二次的な事故が起こることも多いので気を付けてください。
道路に投げ出されないだけでなく橋の上などの場合は下に落下することを防ぐこともできます。人によってはベルトのおかげで一命をとりとめたということもあるのです。
命の分かれ目となるのでひと手間面倒であってもつけるようにしてください。これは命綱と言っても過言ではありません。
また子供の場合はチャイルドシートを着用するようにしましょう。小さな子供さんは大人用のベルトですと効果を発揮しません。
最近ではベルトをしていないと警告の出る装置のある車もあるのでしめ忘れはないでしょう。