今では運転者のみならず助手席、後部座席の同乗者もシートベルトをすることを義務付けられています。
昔は運転者を含めそのような義務が無かったのですが義務付けられたのは命を守るという大きな要因があるからです。
自動車事故により死亡や重症になるケースの中にはベルトをしていなかったことが原因のものもたくさんあります。ベルトをしていないからこそ衝突の時の衝撃で体が外に投げ出されてしまうのです。そしてたまたま後ろから来た車に轢かれるというのもあります。


もしもしっかりとベルトをしていれば助かったかもしれません。
実際にこれの着用義務が生じてからというもの死亡事故は格段にへっています。
最近では車にはエアバッグなどがついていますがこれはきちんとベルトをしているからこそ効果が出るものなのです。
ベルトをしていなければエアバッグが開いても体が逃げてしまうために衝撃をやわらげられなくなります。
後部座席は以前は前の座席に比べて危険性が少ないということで長らく義務がありませんでしたが後部座席の人がベルトをしていなかったが故に後のドアから投げ出されるという事故がかなり頻発していました。
命を守るためには必要な物、それほど手間のかかるものではありませんので必ずしておきましょう。