最近のクルマは軽量化がされていますが、クルマを軽量化するメリットは非常に大きいです。まず、運転がしやすくなります。たとえば、クルマに大人が4人乗車したときの運転と、一人で運転しているときでは、運転感覚が全く違いますよね。それと同様に、クルマが軽量化されることで、ハンドリングが軽快になり、加速性能もアップします。運動性能において、軽量化のデメリットはありません。


 

また、燃費にも大きく貢献します。軽くなることでエンジンの負荷が減り、燃費が良くなるのです。燃費が良くなれば、お財布に優しいだけではなく、エコにも貢献することができますね。さらに、万一人をはねてしまったり、物と衝突してしまったりしたとき、重い車と比べると、被害対象へのダメージも軽減させることができます。人の被害を軽減させるために、軽量化だけではなく、ボディを柔らかくするなどの工夫も施されています。

もちろん、このような軽量化やボディを柔らかくすることによって、クラッシュ性能が低くなってしまっては、元も子もありません。しかし、この点に関しても心配はありません。ボディ剛性は軽量化と同様に年々進歩しており、ドライバーをはじめ、同乗者の安全を確保するような構造になっています。