数多くの自動車が走行する場合の問題点の一つとして、事故の問題が有ります。
均等な速度で走る事のほとんど無く、目的地も違えば運転技術にも差が有るのですから、何の規制も無い状態で走行することは自動車同士は勿論、その周囲を走る自転車や歩行者をも、事故に巻き込んでしまう危険性を常にはらんでいるのです。
このような危険を回避するために、交通法規は存在しています。
最高速度は勿論、交差点などへの進入方法や右左折を制限する事、それらは事故防止のためにとても大きな役割を担っているのです。
また、この交通法規にはもう一つの大きな意味が有ります。
それは、自動車の台数が飛躍的に増加して以来、問題となっている交通公害の抑制です。
違法改造や速度超過による騒音問題に始まり、自動車の排出する排気ガスによる空気汚染は、少しでも減少させなければならない大きな問題となっているのです。
特に、同じ道路を多くの自動車が同時に走行することによって発生する渋滞、そして、渋滞によって更に増加する排気ガスの排出問題は、抑制のための新たな技術の開発を進めることと同時に、規制による渋滞緩和策が大きな効果をもたらすのです。
事故の防止に加え、交通公害の抑制のためにも、交通に関連した法規を遵守する事は、とても大切な事なのです。