自動車を運転中に交通安全を考えるのであれば道路標識を守ることは大前提です。そもそも道路標識はその場所で事故が起こってしまったのでその事故を防ぐために、検証された適切な運転を知らせる意味で設置される、といった流れあります。何か理由があるからその場所が制限されているのであり、それを無視してしまうと重大事故に繋がりかねません。最悪の場合は人命に関わることにもなります。加害者となってしまえば一生をかけて償わなければならない事態にもなります。そうならないためにもしっかりと安全運転を心がけましょう。


ではどのように心がければよいかというと、実は意外と簡単です。通常よりも時間を持って出かけること。この一点です。「そんなこと?」と思われるかもしれませんが時間に追われ心に余裕がなくなったときに自動車事故は発生します。わかっていながらなかなかできないことの一つにこの「余裕を持って出かける」といったことなのです。朝なかなか起きれず結果として家を出る時間が遅くなり、そのしわ寄せが事故につながる、といった事例も多く報告されています。このように安全運転を行ううえで大事なことはドライバーの運転技術よりも時間に余裕を持って運転をする、ということなのです。余裕を持つことで普段は目に入らない道路標識も目に留まり、事故を起こさず運転することができます。