道路で自動車を走行させようとした場合、道路の状態に拘わらず非常に多くの危険性が潜んでいます。
当然考えられる他の自動車との事故、歩行者や建造物への接触、更には道路の構造によって考えられる滑落や転落などと言った危険は、常に潜んでいると考えるべきなのです。


また、自動車というものは非常に多くの部品からなる機械であるために、破損や磨耗と言った故障の可能性まで考えると、いつ、いかなる場合であっても、注意を怠る事が有ってはならないのです。
では、その危険から逃れるためには、また、完全に逃れることが不可能であったとしてもリスクを最小限に留めるためには何が必要なのでしょうか。
勿論、常に注意を払う必要がある事は言うまでも有りませんが、道路を走っている以上、他の自動車のアクシデントに巻き込まれてしまう場合も少なくないのであれば、少なくとも自分の責任で他者を被害に巻き込む事の無い様にするしか有りません。
つまりは、道路を走る全ての自動車が定められた道路交通法を守り、不正改造などでの不完全な状態で走行しないこと、速度違反や法令違反と言ったことをしないこと、これらの事を定めた道路交通法を遵守する事が、自分に、または周囲の人に危険が及ぶ芽を摘む最大の危険防止策だと言えるのです。