道路交通法の目的

| 未分類 |

道路交通法の法律が定められている目的は、交通安全をはかることであり、交通事故などの危険を防止するために安全をはかるべく制定されています。また交通の円滑をはかる上でも重要な目的を果たしており、交通安全を重視しすぎると道路を走る車においての円滑が損なわれることから、安全の面と円滑の面の両方の程良いバランスを近郊に保たせるために制定された法律です。


この法律も年を追うごとに改定され、以前まで非常に多かった飲酒運転における違反や事故をなくすため、罰則などが見直され改訂されてきました。こうして道路上を走る自動車や運転者から引き起こされる障害の防止についても法律上でさまざまな制定が行われています。
それまでの法律は道路上における交通規則に関してのみでしたが、近年になって道路交通に起因する障害の防止が加わり、道路を走る車によって起こる影響についても規制が行われるようになりました。自動車走行における公害に対しての配慮も必要であり道路以外の法改正にも目を向けられてきました。
また道路上においては自動車だけでなく、他の乗り物やその運転者、また歩行者にたいしても正しい法律が制定され、より交通の安全に対する対策が強化されてきていると言えるでしょう。