» 未分類のブログ記事

数多くの自動車が走行する場合の問題点の一つとして、事故の問題が有ります。
均等な速度で走る事のほとんど無く、目的地も違えば運転技術にも差が有るのですから、何の規制も無い状態で走行することは自動車同士は勿論、その周囲を走る自転車や歩行者をも、事故に巻き込んでしまう危険性を常にはらんでいるのです。
このような危険を回避するために、交通法規は存在しています。
最高速度は勿論、交差点などへの進入方法や右左折を制限する事、それらは事故防止のためにとても大きな役割を担っているのです。
また、この交通法規にはもう一つの大きな意味が有ります。
それは、自動車の台数が飛躍的に増加して以来、問題となっている交通公害の抑制です。
違法改造や速度超過による騒音問題に始まり、自動車の排出する排気ガスによる空気汚染は、少しでも減少させなければならない大きな問題となっているのです。
特に、同じ道路を多くの自動車が同時に走行することによって発生する渋滞、そして、渋滞によって更に増加する排気ガスの排出問題は、抑制のための新たな技術の開発を進めることと同時に、規制による渋滞緩和策が大きな効果をもたらすのです。
事故の防止に加え、交通公害の抑制のためにも、交通に関連した法規を遵守する事は、とても大切な事なのです。

道路交通法を施工している目的としては、道路状況を円滑にしていく役割があり、そこでやはりスピードを規制したり車線を規制したりする事で、スピードの出し過ぎによるトラブルを抑制したりする役割があります。
その事でスムーズな走行を心がけていく為には、やはり色々な面で考えて行く必要がありそこで決められたルールに従いながら自動車の運転を行う事が求められる状況となります。
まずはこうした運びでしっかりと運転を行っていく事が必要であり、色々な面から自動車を運転する事に関する状況も速やかにドライブが楽しめる様に色々な工夫がそこには取り入れられている状況となります。
こうした形で運転に際してスムーズな状況でドライブを行える事では、やはり運転技術を高めて行く事が当然一人一人の運転マナーのレベルアップも必要となっていて、そう言った事もやはりルール違反を起こさない様にする事から、しっかりとドライブを行う上での取り組みを考えていき、円滑な運転が出来る事が求められています。
こうして運転のマナーが一人一人上がる事となれば、しっかりと円滑なドライブを楽しんで行く事が出来る状況となり、速やかに目的地に到着する事が出来る状況となります。

自動車を運転中に交通安全を考えるのであれば道路標識を守ることは大前提です。そもそも道路標識はその場所で事故が起こってしまったのでその事故を防ぐために、検証された適切な運転を知らせる意味で設置される、といった流れあります。何か理由があるからその場所が制限されているのであり、それを無視してしまうと重大事故に繋がりかねません。最悪の場合は人命に関わることにもなります。加害者となってしまえば一生をかけて償わなければならない事態にもなります。そうならないためにもしっかりと安全運転を心がけましょう。


ではどのように心がければよいかというと、実は意外と簡単です。通常よりも時間を持って出かけること。この一点です。「そんなこと?」と思われるかもしれませんが時間に追われ心に余裕がなくなったときに自動車事故は発生します。わかっていながらなかなかできないことの一つにこの「余裕を持って出かける」といったことなのです。朝なかなか起きれず結果として家を出る時間が遅くなり、そのしわ寄せが事故につながる、といった事例も多く報告されています。このように安全運転を行ううえで大事なことはドライバーの運転技術よりも時間に余裕を持って運転をする、ということなのです。余裕を持つことで普段は目に入らない道路標識も目に留まり、事故を起こさず運転することができます。

道路で自動車を走行させようとした場合、道路の状態に拘わらず非常に多くの危険性が潜んでいます。
当然考えられる他の自動車との事故、歩行者や建造物への接触、更には道路の構造によって考えられる滑落や転落などと言った危険は、常に潜んでいると考えるべきなのです。


また、自動車というものは非常に多くの部品からなる機械であるために、破損や磨耗と言った故障の可能性まで考えると、いつ、いかなる場合であっても、注意を怠る事が有ってはならないのです。
では、その危険から逃れるためには、また、完全に逃れることが不可能であったとしてもリスクを最小限に留めるためには何が必要なのでしょうか。
勿論、常に注意を払う必要がある事は言うまでも有りませんが、道路を走っている以上、他の自動車のアクシデントに巻き込まれてしまう場合も少なくないのであれば、少なくとも自分の責任で他者を被害に巻き込む事の無い様にするしか有りません。
つまりは、道路を走る全ての自動車が定められた道路交通法を守り、不正改造などでの不完全な状態で走行しないこと、速度違反や法令違反と言ったことをしないこと、これらの事を定めた道路交通法を遵守する事が、自分に、または周囲の人に危険が及ぶ芽を摘む最大の危険防止策だと言えるのです。

道路交通法の目的

| 未分類 |

道路交通法の法律が定められている目的は、交通安全をはかることであり、交通事故などの危険を防止するために安全をはかるべく制定されています。また交通の円滑をはかる上でも重要な目的を果たしており、交通安全を重視しすぎると道路を走る車においての円滑が損なわれることから、安全の面と円滑の面の両方の程良いバランスを近郊に保たせるために制定された法律です。


この法律も年を追うごとに改定され、以前まで非常に多かった飲酒運転における違反や事故をなくすため、罰則などが見直され改訂されてきました。こうして道路上を走る自動車や運転者から引き起こされる障害の防止についても法律上でさまざまな制定が行われています。
それまでの法律は道路上における交通規則に関してのみでしたが、近年になって道路交通に起因する障害の防止が加わり、道路を走る車によって起こる影響についても規制が行われるようになりました。自動車走行における公害に対しての配慮も必要であり道路以外の法改正にも目を向けられてきました。
また道路上においては自動車だけでなく、他の乗り物やその運転者、また歩行者にたいしても正しい法律が制定され、より交通の安全に対する対策が強化されてきていると言えるでしょう。

運転をするとすぐに疲れてしまう、肩や首が凝る、腰が痛くなるといった時には、正しい運転姿勢が取れていない可能性が高いといえます。
どうしてもシートの調節をする時は、楽な姿勢になることばかりを考えてしまいがちですが、それが正しい姿勢とは限りません。もちろん、楽な姿勢もリラックスした運転には重要ですが、その姿勢で無理なく運転に必要な全てのアクションが取れることが最も大切なのです。
では、どのように調節して行けば正しい姿勢になるのかというと、要になるのがシートの調節です。まず深く腰掛けた状態でブレーキペダルを強く踏み込み、膝が伸びきらない位置に調節します。こうすることで万一、急ブレーキを踏むような時でも、膝にくる衝撃を緩和することが出来ます。
次に背もたれの角度の調節です。背もたれはつい倒してしまいがちな部分ですが、肘を軽く曲げた状態で肩を浮かせずにハンドルを持てる程度がちょうどいいポジションです。ハンドルに近すぎても遠すぎても運転時の負担が大きくなるのでしっかり調節しましょう。
最後に高さの調節です。視野が広い方が運転をしやすいので快適な高さになるように調節しましょう。ただし、この時メーターが見えなくなるほど高くしないように注意が必要です。
このようにシートを調節していけば、自然と運転をする姿勢も正しくなり、運転時の疲労の軽減につながるはずです。

シートベルトをしているからと言って死亡事故を100パーセント防げるというものではありませんがしていなければ死亡する確率が高くなります。
車が衝突事故を起こすとその反動でドアが開いてしまうこともあります。
ロックをしていた場合でも関係ありません。その時にベルトをしていなければ一緒に投げ出しされてしまう可能性もあるのです。
道路に投げだされると着地した時の衝撃でケガをしてしまいます。しかしそれだけで済めばまだいいほうです。


酷い場合には他の車に轢かれることもあります。交通量の多い道路の場合にはこのような二次的な事故が起こることも多いので気を付けてください。
道路に投げ出されないだけでなく橋の上などの場合は下に落下することを防ぐこともできます。人によってはベルトのおかげで一命をとりとめたということもあるのです。
命の分かれ目となるのでひと手間面倒であってもつけるようにしてください。これは命綱と言っても過言ではありません。
また子供の場合はチャイルドシートを着用するようにしましょう。小さな子供さんは大人用のベルトですと効果を発揮しません。
最近ではベルトをしていないと警告の出る装置のある車もあるのでしめ忘れはないでしょう。

最近のクルマは軽量化がされていますが、クルマを軽量化するメリットは非常に大きいです。まず、運転がしやすくなります。たとえば、クルマに大人が4人乗車したときの運転と、一人で運転しているときでは、運転感覚が全く違いますよね。それと同様に、クルマが軽量化されることで、ハンドリングが軽快になり、加速性能もアップします。運動性能において、軽量化のデメリットはありません。


 

また、燃費にも大きく貢献します。軽くなることでエンジンの負荷が減り、燃費が良くなるのです。燃費が良くなれば、お財布に優しいだけではなく、エコにも貢献することができますね。さらに、万一人をはねてしまったり、物と衝突してしまったりしたとき、重い車と比べると、被害対象へのダメージも軽減させることができます。人の被害を軽減させるために、軽量化だけではなく、ボディを柔らかくするなどの工夫も施されています。

もちろん、このような軽量化やボディを柔らかくすることによって、クラッシュ性能が低くなってしまっては、元も子もありません。しかし、この点に関しても心配はありません。ボディ剛性は軽量化と同様に年々進歩しており、ドライバーをはじめ、同乗者の安全を確保するような構造になっています。

今では運転者のみならず助手席、後部座席の同乗者もシートベルトをすることを義務付けられています。
昔は運転者を含めそのような義務が無かったのですが義務付けられたのは命を守るという大きな要因があるからです。
自動車事故により死亡や重症になるケースの中にはベルトをしていなかったことが原因のものもたくさんあります。ベルトをしていないからこそ衝突の時の衝撃で体が外に投げ出されてしまうのです。そしてたまたま後ろから来た車に轢かれるというのもあります。


もしもしっかりとベルトをしていれば助かったかもしれません。
実際にこれの着用義務が生じてからというもの死亡事故は格段にへっています。
最近では車にはエアバッグなどがついていますがこれはきちんとベルトをしているからこそ効果が出るものなのです。
ベルトをしていなければエアバッグが開いても体が逃げてしまうために衝撃をやわらげられなくなります。
後部座席は以前は前の座席に比べて危険性が少ないということで長らく義務がありませんでしたが後部座席の人がベルトをしていなかったが故に後のドアから投げ出されるという事故がかなり頻発していました。
命を守るためには必要な物、それほど手間のかかるものではありませんので必ずしておきましょう。

運転に必要な準備

| 未分類 |

運転を始める前には必ずスニーカーなどを履くようにした方が良いでしょう。ハイヒールなどを履いている場合、アクセルやブレーキが踏み難くなりますので大変危険です。また、力強く踏む事が難しくなります。もし、急ブレーキを踏む際にも思い切り踏めなくなりますので、そのような危険を回避する為にもスニーカーなどの安定した履物を準備しておく事が大切です。
車に乗り込む前に周囲の安全性のチェックも行うようにした方が良いでしょう。車の陰に物があったりすると危険ですので、車の周りをぐるりを回ってみたり、車の下をチェックしておきます。


ドライビングポジションを合わせる事も欠かせません。ハンドルを握る姿勢が悪いと疲れ易くなってしまいますし、正しい姿勢になっていないとハンドルの操作にも影響してきます。また、アクセルやブレーキの加減もし難くなりますので、適切なポジショニングなのか意識してみる必要があります。
ミラーをしっかりと合わせる事も忘れないようにしましょう。家族で共同で利用していたりしますとミラーの位置が違っている事がありますので、その都度合わせなければいけません。
ヘッドレストの位置も合わせる事が大切です。これも共同で利用している場合はその都度合わせるようにした方が良いでしょう。